費用を大幅に下げられる霊園の見つけ方とは

フラワー

墓地種類と違い

神奈川には横浜市内と郊外に数多くの霊園があります。横浜市内の霊園はアクセスが良くコンパクトなので移動しやすいのが特徴です。郊外の霊園は風光明媚な場所にあり各墓地の面積も広くとられています。実際に現地に行ってみて選ぶようにしましょう。

お墓も節約志向で

墓参り

合祀スタイルが好評

地方などでは根強く檀家制度が利用されているようですが、都会部に住む方や若年層などは、お墓に関する慣習や風習は特に気にしない方が増えています。このような現代社会の中で、お墓選びをする上で最も重要視されているのが、経済面です。首都である東京は、国内屈指の墓地購入費用が必要となります。通常、お墓探しをする前に葬儀や49日法要などの仏事を経てから、お墓探しとなるのが一般的ですが、葬儀費用も非常に高額の費用がかかります。このため、経済面でお墓探しが困難になるケースが増加傾向にあり、特に東京都ではその傾向が強く出ています。そこで最近、注目を集め人気となっているのが、合祀墓と呼ばれるお墓です。合祀墓とは、個人や家族単位で一つの区画の中に入る従来のスタイルではなく、一つの墓標の下に複数人の他人と一緒に、埋葬されるスタイルのお墓をいいます。このお墓の最大の利点は、驚くべき価格の安さです。従来のお墓の購入費用と比較して十分の一程度まで費用を抑える事ができ、経済的負担の軽減が図れます。この合祀スタイルのお墓は、寺院よりも民間企業などが管理する霊園が積極的に行っており、東京都では多摩方面の霊園が多く取り扱っています。多摩地方の霊園では、都心部の霊園や寺院墓地より園内にゆとりがあり、自然と一体感がある霊園が多いのが特徴といえます。料金は多摩地方の合祀墓だと十万円台から販売されており、民間や公営霊園の多くは宗旨宗派を問わない点も魅力です。東京でお墓探しに行き詰ったら、多摩方面の霊園も候補の選択肢に入れてはいかがでしょう。

永大供養の墓地

墓参り

最近は、自身のお墓を永大供養の形式にしたいという人が増えています。その声を受けて、神奈川県内でも永代供養の形式の霊園が増加しています。合祀を初めとする永代供養の形式は、幾つも段階があり、費用もまちまちです。平均を取れば、50万円ほどですが、もっと安価な形式の墓地も存在します。

終活のための準備とは

蝋燭

最近では自分の葬儀やお墓の手配を自分で行う終活が流行っています。その一環として行われる霊園探し、環境が良く、費用面でも安心できる霊園を探すために、まずは神奈川での情報を精査していくことが大切になってきます。