費用を大幅に下げられる霊園の見つけ方とは

数珠

永大供養の墓地

墓参り

首都圏から近い人気の墓地

神奈川県内には、永代供養を行う霊園が増えています。これは、現代社会の世相を反映した結果とも言えます。後継者がいない等の理由から、永代供養を希望する人が増えているのです。神奈川県内の永代供養を受け付けている霊園の多くは、宗派に関係なく受け入れてくれます。但し、埋葬後の供養は、寺院の宗旨によって執り行われます。神奈川県内の永代供養の霊園で多いのは合祀型です。合祀の形も、最初からの場合もありますが、3回忌以後に合祀という場合もあります。寺院やお墓によって合祀のやり方にも段階があり、費用も違ってきます。合祀の費用の平均としては、50万円代といったところです。結構お金が掛かるように思えますが、お墓1基を制作するには200万円以上が必要です。それを考えれば、合祀型の埋葬は安上がりと言えます。また、最近話題になっているガーデニング霊園という形式では、さらに費用が安く、20万円台からの費用という所もあります。ガーデニング霊園の形式は、言わば樹木葬の形式のお墓です。費用が安いこともあって、競争率も高くなっています。自身のお墓として永大供養墓地を希望する場合は、生前からの意志を明確にしておくことが重要です。後継者がいないという人は、特に注意が必要です。自身のお墓に何を望むのかを、はっきりさせておくことが大切です。また神奈川県にて生涯を終える予定があるのであれば、その土地で自身の没後にお世話してくれる人も決めておくと良いでしょう。