費用を大幅に下げられる霊園の見つけ方とは

数珠

墓地種類と違い

墓地

墓地の違いや特徴から選ぶ

神奈川には横浜市や川崎市などの都市部と横浜市の郊外に霊園が数多くあり、何を基準にして選べば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。費用と継続性を重視する方には神奈川の市区町村が運営する霊園になります。しかし、遺骨を持っていること、住所地があることなどの諸条件がありますし、募集枠が少ないので何年間空き待ちというのが実情です。これに対して神奈川の宗教法人が運営管理している民間の霊園では遺骨が無くても申し込みが可能で住所地の制限もありません。元気なうちに希望の霊園を選びたい方には民間がお勧めです。横浜市と横浜市の郊外にある霊園を比較して違いについてみてみましょう。横浜市の霊園は郊外よりも小規模ですがアクセスの良さが魅力です。郊外よりも敷地が狭く遺骨を納める納骨棺は墓石内に入るように設置されています。近年では、敷地内がバリアフリーになっている霊園も増えており車椅子の方や高齢の方でも安に通行できるようになっています。これに対して郊外の霊園内の敷地や通路が広く設計されており、お墓のすぐ近くに車を横付けすることができます。郊外の霊園ではアクセス対策に直通バスを運行しているので、連絡すれば迎えにきてくれます。このように横浜市内と郊外では設備やアクセスの良さに多少の違いがありますが、どちらも宗旨や宗派に制限がなく墓石の色や形についても自由です。費用については神奈川霊園によって違ってきますので、比較検討してから購入するようにしましょう。